フェイスブックやネトゲでスカイプまで繋げれば…後はエロイプするだけだなおい

私はスカイプを連絡ツールとして頻繁に利用しています。
まずいきなりスカイプで見ず知らずの他人に連絡することはしませんが、例えばフェイスブックやネトゲで知り合った人とスカイプをすることが多いです。
それでは今から、男子諸君なら興味が無いとは言わせないエロイプについてお話しします。
まずは女性を引っ掛ける必要がありますが、ネトゲを普通にチャットしながらプレーしていれば女性の人と知り合うことなんて頻繁にありますので、ナンパする為にネトゲで遊んでくださいね。
フェイスブックからいちいち連絡していくより確実に出会いやすいですよ。
今回お話しするのは私がナミという女性とスカイプを利用して、エロイプを楽しんだお話です。
エロイプに行き付くまでの過程をはネトゲで紳士を装うっていればチャンスはきますので果報は寝て待ちましょう。
ナミとはネトゲをする際に一緒にスカイプ電話をして遊んでいるので、電話するまでのハードルは既にありません。
さてさて本題ですが、最初はスカイプのチャットで何気ない下ネタを投下してナミの出方を見ていましたが、反応はよくなく「下ネタ言うならチャットやめるよ」と言われる始末。
しかしここで引き下がってはエロイプには届きません(笑)即座にスカイプ電話に切り替えます。
そして謝りながら、相手の声を褒めます、この行程で相手が自分と電話すると幸せかもと思わせるようにする必要があります。
ここで、相手に幸せかもと思ってもらえるとエロイプまではもう少しです。
相手を褒めながら、相手のことが好きかもしれないと言ってさらに相手を高揚させます(ここでキモいと引かれる場合がありますが、その時は諦めましょう。

相手が高揚してきたら、相手の耳元で囁くようにナミを抱きたいと行ってみましょう。
そうすると相手は困惑したり嫌がる振りをしますが、それはもうポーズでしかないので卑猥な言葉で優しく語り掛け続けましょう。
それで相手にオナニーをさせることが出来るようになれば、ぼほ成功です。
またナミはこの時点で2回ほど絶頂を迎えていました。
ただここからが最難関です。
ビデオ通話に切り替えて、相手のオナニーを鑑賞すること、もしくは自分のオナニーを見てもらうことがエロイプのゴールだと筆者は捉えているので、ここからが超大事。
卑猥な言葉を投げ続けながら、相手のオナニーのお手伝いをして下さい、そしてM体質があると思えばご主人様気取りでビデオ通話を要求してみてください。
意外にOKを出してくれる人は多いですよ。
ナミは完全にMで命令というと大人しくビデオ通話に切り替えて私に見せつけるようにオナニーを披露してくれました。
この時に顔を初めてみたのですが、自分の好みでさらに興奮して、その後は私のオナニーを鑑賞させたりもして楽しみました。
ただ、初めてそこで相手を見る場合はバケモノのオナニー鑑賞になることもあるので覚悟を持ってくださいね。
そこは完全に運ですから(笑)