もやもやした私の心。
プロの大道芸人レベルのスキルまで全く届いていない私。
でも人前で芸をして目立ちたい!でもお客さんを目の前にすると身体が固まってしまう…気持ち相反するこの身体。
また生意気にも幾分かのお金もいただければ嬉しい…。ずうずうしい…。
そこでいろいろ考えました。悩みました。
ひらめきました!
手にはエロイプ用のカメラとマイク。
相手方のPCを地方の知人に送り、駅前など人の行きかう場所にセットしてもらいました。
「全国行脚の始まりin愛媛県松山市」
私は神奈川、PCは愛媛という遠隔関係を作り、私は自宅で思いっきりのコスプレに身を包み、
自分用のスカイプから相手先のPCのスカイプに芸を披露しました。
今で言うと、某動画サイトの「踊ってみた」に近いものだと思います。
直接人前にいる訳ではないのと、もしダメなら強制的に終了することもできるという安心感から、思いっきり
稚拙な芸を披露することができました。
相手方のスカイプを通じ見る愛媛の駅前。
はじめは誰も立ち止まることは無かったのですが、少しずつ、怒られないかを確認しつつ、音量を上げていきました。
(これらの作業は愛媛の知人にやってもらいました)
珍しさ?もあったのか、少しずつ人も立ち止まるようになり、私の稚拙な芸もクライマックスを迎えるころ、
10人くらいのお客さんが見ているまでになりました。
フィニッシュ!!
大歓声と拍手に囲まれて!!…までにはいきませんでしたが。
最後は一生懸命覚えた愛媛松山市の歌を歌ったのが良かったのか、比較的年配の人とも一緒に歌うことができました。
満足!心が満たされた!
充実した気持ちでいっぱいでした。お客さんが見ているというプレッシャーの向こう側にある喜び。
正確にはスカイプの向こう側。
そのせいもあって、今まで10回中8回はミスしていた一発芸も成功することができました。
あらためて人の原動力は人の気持ちなんだと感じた経験でした。
後日…まさかのオチ。
愛媛の知人にPCを送り返してもらった箱の中に、手紙も同封されていました。
私の気持ちを汲んでくれる良き知人。その手紙とはエロイプの接続を切った後、見ていただいたお客さんに感想を
聞いてくれていたようです。その結果が書かれていました。
結果、「画面が小さくて何をやっているのかがわからなかった」…8割。
やはりノートPCの場合、エロイプは1対1で使用した方が良いですね。
でもエロイプを通じて、遠くの人と一緒に歌を歌えたことはまぎれもない事実…。
凄く仲良くなればエロイプも楽しめるエロイプは神ツール。
次はエロイプ片手にどこに行こう!